「豚の角煮」、「ビーフシチュー」、「煮豆」・・・

これらの料理は、各素材を柔らかくするためにごく弱火で3時間から5時間煮込んだ方が美味しいとされています。

 

実際実験してみたところ、確かに煮込み時間で仕上がりの肉、野菜の柔らかさで差がみられました。

しかし、料理を趣味とする方以外は、一食分を作るのに何時間もかける訳にはなかなかいきませんし、光熱費も無駄になります。

でも、圧力鍋を使って加圧すれば、わずか数十分から1時間に調理時間を短縮するため、忙しい人でも平日に本格ビーフシチューが作れちゃうんです。

我が家でも重宝しています。

 

また、長々と火をつけなくて良いので、エコで環境にも優しいです。

ただし私は圧力鍋を買うまで知らなかったのですが、圧力鍋には鍋が温まって加圧できるまでの準備時間と圧力を下げてから蓋をあけるまでの冷却時間が実は必要なんです。

材料の量、室温にもよりますが、冷却及び準備時間はそれぞれ約5分から15分かかります。
ここだけマイナスポイントだったので念のため書いておきました。

 

圧力鍋の料理でおすすめ料理は以下ですので試してみてください。

・ロールキャベツ (キャベツがとろけて絶品)
・肉料理(ビーフシチュー、煮豚)
・豆料理(お汁粉や煮豆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。